研究会について

環境・設備・エネルギー研究会とは

これからの北海道の住宅を考えるとき,薪ストーブのような炎が見え人々をその周囲に引き寄せる楽しい暖房や、太陽熱を利用して冬の冷たい水を少しでも温める給湯が望まれます。またエアコン無しでも夏涼しいというのも住宅の魅力で、そのためには太陽熱や換気排熱を利用した除湿器の研究が必要です。

一方、事務所ビルにとっては住宅より建物外回りの比率が小さく発熱密度は大きいので冷房対策が重要になります。冷房への断熱の活用法はよく認識されていませんが、外皮からの熱の侵入の少ない高断熱と涼冷な気候を生かした外気冷房、夜間換気、躯体蓄熱、冷却塔利用などを上手く組み合わせる低負荷冷房の普及が課題です。

本研究会では環境・エネルギーを軸に,北海道特有の気候風土を生かした建築と太陽熱利用機器や薪ストーブなどの省エネルギー設備の研究を通して,建築・設備の新しい可能性を追及していきます

研究会/研究委員会へ戻る 環境・設備・エネルギー研究会 お知らせ 活動報告研究成果 リンク
一般社団法人 北海道建築技術協会
〒060-0042
札幌市中央区大通西5丁目11
大五ビル2階
アクセス
TEL (011)251-2794
FAX (011)251-2800
▲ ページのトップへ