2018年2月14日

No.174 ロンドン高層住宅の火災の原因は改修工事!?

ちょっと真面目チョット皮肉 174

石山祐二*

2017年 6月 14日未明に英国ロンドン西部の高層ビル「グレンフェル・タワー」で火災が発生した。火災は瞬く間に広がり、建物全体が火炎に包まれ、鎮火までに 2日間を要し、死者は(推定) 79名となった。この様子は日本のテレビでも大きく報道されたので覚えている方も多いであろう。

この建物は地上 24階、 127戸の公営集合住宅( 4階までは事務所など)で 1974年に完成した。火元は 8階の住戸にあった冷蔵庫である。火災発生後、約 15分で建物全体が火炎に包まれた。この原因は比較的はっきりしていて、 2015~16年に大規模な修繕が行われ、それが災いしたのである。

大規模修繕の目的は快適性の向上で、暖房・給湯システムの更新とエネルギー効率を高めるための断熱改修などであった。建物の外側から取り付けられた厚さ 150mmの断熱材は(難燃性とはいえ)可燃性で、米国では高層建物への使用は禁止されていたが、英国の基準には違反していなかったようである。また、断熱材の取り付け方が適切ではなかったとの指摘がある。

一般に、火災が発生しないようにすることと同様に重要なのが、火災が発生しても容易に広がらないようにすることである。この建物の断熱材の外側は金属板の仕上げで覆われており、断熱材との間には結露防止のため 50mmの空隙(通気層)がある。全く燃えない断熱材を除き、断熱材に着火しても、火炎が広がらないようにするため通気層には(例えば各階ごとに)不燃材料の仕切り(ファイヤーストップ)を設ける必要がある。しかし、通気層は連続していたか、あるいはファイヤーストップに隙間があり、通気層が煙突のような働きをして、火炎は一気に広がったようである。結局、建物の外周の断熱材ほぼすべてが延焼した。また、建物内部には防火壁はなく、火災は内部でも広がり、建物の構造体を残してほぼ全焼してしまった(写真 1)

写真 1 火災で黒焦げになったグレンフェル・タワー(ラティメール・ロード駅プラットホームから撮影)

死者が多数になったことについては、避難対策に問題があったようである。住民には火災の際には避難するより部屋に留まるようにとの掲示があった。これは、高層建物は一般に火災が生じても広がり難く、また住民が一斉に階段で避難する際のパニックを防ぐためである。しかし、このような住民への指示が避難を遅らせた原因の 1つに違いない。さらに、 1箇所しかなかった階段は火や煙を防ぐような構造ではなかった。

現在の英国の建築基準では(このような建物には)階段を 2箇所以上設け、消火のためのスプリンクラーも設けるようになっているが、旧い建物には適用されていない。建物の基準を改正しても、既存の建物をどのようにするかは、大きな問題である。特に、賃貸住宅の場合、住民が自ら建物を改修することは難しいので、大規模改修を計画した際に快適性を優先し、火災安全性を考慮しなかった行政の責任は大きいであろう。

写真 2 訪れる人へのメッセージ

最後に、写真 2は被災建物を囲っている塀の貼り紙である。「多くの方が失われた場所です。写真を撮るときは、そのことを忘れないで欲しい。」という趣旨のことが書かれている。シャッターを押すのを躊躇したが、「このようなことが再び起こらないように」と伝えるためには、写真の使用も認められると思っている。

 


*いしやまゆうじ 北海道大学名誉教授
(一社)建築研究振興協会発行「建築の研究」2018.1 原稿

連載「ちょっと真面目チョット皮肉」(北海道大学名誉教授 石山 祐二) もくじ(クリック→目次ページへ) No.134 花嫁人形と蕗谷虹児 No.135 清潔で安全なシンガポール No.136 広瀬隆著「東京に原発を!」を読み直して No.137 最近の建物の耐震設計に対する懸念 No.138 日本最北のヴォーリズ建築「ピアソン記念館」 No.128 「赤れんが庁舎」を美しく後世に残そう! No.139 建築と食卓の「bと d」 No.140  津波対策にも New Elm工法! No.142  津波に対する構造方法等を定めた国交省告示 No.141 建物の基礎と杭の接合は過剰設計! No.143 国際地震工学研修50 周年 No.144 ペルー国立工科大学・地震防災センター創立 25 周年 No.27 着氷現象と構造物への影響 No.145 リスボンは石畳の美しい街、しかし・・・ No.146 トンネル天井落下事故の原因 No.147 積雪による大スパン構造物崩壊の原因と対策 No.148 生誕100 年彫刻家佐藤忠良展 No.149 地震工学に用いる各種スペクトル (その1)  :応答スペクトル No.150 地震工学に用いる各種スペクトル(その 2) :  トリパータイト応答スペクトルと擬似応答スペクトル No.151 地震工学に用いる各種スペクトル(その 3)  :要求スペクトルと耐力スペクトル No.152 地震工学に用いる各種スペクトル(その 4): 要求スペクトルと耐力スペクトル No.153 中谷宇吉郎著「科学の方法」:氷の結晶のV字型変形 No.154 新渡戸稲造と武士道 No.155 これからのフラットスラブ構造 No.156 塩狩峠記念館 三浦綾子旧宅 No.157 ニッカウヰスキー余市蒸留所 No.158 三つの人魚像 No.159 ラオスと建築基準 No.160 北海道博物館2015 年4 月開館 No.161  30年振りのプリンス・エドワード島 No.162 道路標識と交通信号機 No.163 童謡「赤い靴」の女の子 No.164 地すべりと雪の上の足跡 No.165 建築物のダイヤフラム、コード、コレクターと構造健全性 No.166 地震による 1 階の崩壊と剛性率・形状係数  No.167  北海道新幹線と青函トンネル No.168 米国の建築基準と耐震規定の特徴 No.169 北海道三大秘湖の一つ「オンネトー湖」は五色湖 No.170 世界遺産シドニー・オペラハウス No.171 シドニー・オペラハウスの構造 No.172 北海道の名称と地名 No.173 鳩を飼わない「ハト小屋」 No.174 ロンドン高層住宅の火災の原因は改修工事!? No.175 断熱性能を示す Q 値、U A 値とその単位 No.176 幻の橋タウシュベツ川橋梁 リンク
一般社団法人 北海道建築技術協会
〒060-0042
札幌市中央区大通西5丁目11
大五ビル2階
アクセス
TEL (011)251-2794
FAX (011)251-2800
▲ ページのトップへ