2015年8月20日

3-5 貯蔵と加工のある 1.5次産業の育成と建築技術

町の共同利用加工施設を使用した味噌づくり
町の共同利用加工施設を使用した味噌づくり

3-5 貯蔵と加工のある 1.5次産業の育成と建築技術

1次産業にとっての最大の難題は、生産物をどう販売するかにあります。

常に必要十分な生産量を確保することが求められる一方で、零細企業の典型である生産者は、時にはお役所、商社、流通業者、加工業者、さらに消費者という王様の圧力で、半ば強制的に販売ルートや価格が決められてきました。

生産には季節性があって休日もない繁忙期がある一方、出稼ぎや季節労働に出向かざるをえない閑散期もあります。こうした1次産業の特性である閑散期を生かして、貯蔵から加工へと取り組みの巾を広げることができると、自分で価格をつけることのできる独自の生産物が生まれます。

1次産業の特徴は、農業にしろ水産業にしろ、自然エネルギー利用という自給自足の基盤を持っていることで、何が何でも所得を増さねばならない2次、3次産業とは異なり、支出を減らす経済が有効であることです。

生産物の貯蔵、乾燥、加工にはもちろん相応の道具や装置、器としての建築が必要ですが、その始まりもまた、生産物の一部を自家用として、建物の片隅や手作りの空間を活用して加工する自給自足からです。

都会にはない広い土地と清純な自然エネルギーと、貯蔵や乾燥への取り組みや工夫があり、製品を譲ってほしいと言う人が現れれば 1.5次産業の始まりです。

「断熱から生まれる自然エネルギー利用」(北海道大学名誉教授 荒谷 登) Ⅰ 自然エネルギーって何だろう 1-1 地球という外断熱された星 1-2 外断熱された地球の特有のエネルギー 1-3 水に秘められた創造の知恵 1-4 氷という断熱材 1-5 目に見えない放射エネルギーと見えない断熱材 1-6 気温の年変動も自然エネルギー 1-7 地域性に富んだ自然エネルギー 1-8 変動から生まれ変化を促す自然エネルギー 1-9 自然エネルギーは全自動の環境保全エネルギー 1-10 温暖化の恐怖 1-11 自然エネルギー利用の難しさとやさしさ 1-12 地域の宝としての自然エネルギー Ⅱ 自然エネルギー活用の器としての建築 2-1 自然に親しむための器 2-2 むらのない環境をつくる器 2-3 自然エネルギーの個性を尊重するための器 2-4 変動から生まれる自然エネルギーを生かす器 2-5 自然エネルギーを環境調整の主役にする器 2-6 昼の光を生かす器としての建築 2-7 夜の光の演出 2-8 湿度調整の器としての建築 2-9 新鮮な外気を生かす器 2-10 無償の富を生かす器としての建築 2-11 自然エネルギーを後世に引き継ぐ器としての建築 Ⅲ 北海道の1次産業の活性化 3-1 典型的な自然エネルギー利用としての農・林・水産業 3-2 1次産業の環境整備に生かされなかった寒地建築技術の蓄積 3-3 ビニールハウスの熱環境 3-4 雪利用の貯蔵技術 3-5 貯蔵と加工のある 1.5次産業の育成と建築技術 3-6 天日干しの魅力 3-7 自動制御不要の氷温貯蔵 3-8 低温乾燥貯蔵の工夫 3-9 断熱材で建物を作る 3-10 規格外品も廃棄物さえもすぐれた自然エネルギーの結晶 3-11 過疎化と疎外を招く大規模化指向 3-12 森を生かすナショナルプロジェクト 3-13 薪利用の建築的な工夫 3-14 地産地消の共同体(コミュニティ) 3-15 北海道の課題としての1次産業の活性化 Ⅳ 持続可能な成長への期待 4-1 弱さを大切にする成長 4-2 持っている特質を生かす成長 4-3 共有の富を育てる成長 もくじ リンク
一般社団法人 北海道建築技術協会
〒060-0042
札幌市中央区大通西5丁目11
大五ビル2階
アクセス
TEL (011)251-2794
FAX (011)251-2800
▲ ページのトップへ